子どもに教える「太陽圏と太陽系の違い」

太陽圏と太陽系について
私は宇宙講演会をスタートしてから数十年となります。
山梨県内では数百回、山梨県外で数十回、日本国外で3回の宇宙講演会を開催しました。

 

海外エンジニアと著者(真ん中)

 

そんな中での質問で多いものの中に「太陽圏と太陽系の違い」がありましたので、今回は子どもたちにも分かるように話したいと思っています。

 

太陽圏
太陽圏とは、一言で表現すると「太陽風の届く範囲」です。
英語では「ヘリオスフィア(Heliosphere)」と言います。

 

土星探査機カッシーニが撮影した土星 写真提供:NASA

 

太陽風とは、子どもさん向けには、太陽の表面から吹き出す大変に熱い電気のツブと言うと分かりやすいと思います。但し、私たちの体にとっては有害なものです。
その太陽風が届く宇宙空間までを太陽圏と呼んでいます。
具体的には、どのくらいかと言うと、太陽から数百億kmです。地球から土星まで14億kmで、有名な土星探査機カッシーニ土星まで行くのに、7年ほどかかっています。

 

土星探査機カッシーニ 写真提供:NASA

 

惑星で一番遠い海王星までの距離は45億kmです、宇宙探査機ボイジャー2号が180年に一度と言われている太陽系の惑星がほぼ一直線になる「グランドツアー」の1980年代に海王星まで行って12年かかって到着しています。

 

グランドツアーの説明資料 資料提供:NASA


太陽風の届く範囲である太陽圏は、数倍も遠いと言うことです。数値的には180億kmくらいまでと言われています。

 

 

太陽系
太陽系とは、分かりやすく表現すると「太陽の重力によって太陽の周りを回っている星がある範囲」です。

 

NAOJソフトミタカより


太陽圏の範囲より、さらにずっと広い場所です。
具体的には、太陽系で一番遠い所にある惑星・海王星までの約1000倍までの5兆kmくらいあるのではないかと言われています。
さらに太陽系の周りにある理論上の天体であるオールトの雲まで入れると10兆~15兆kmとなります。言い換えると1秒間に地球7回り半する、この世の中で一番早い光の速度で1年間・宇宙に向かって進んだ距離である1光年以上の範囲になるとも言われています。

 

 

著者が宇宙講演会で使用している資料 資料作成:著者


性能の良い大型の天体望遠鏡が建設されると、そこの観測によって太陽系の遠くの星が見つかり、太陽系の範囲が広がっていくことになります。

子どもさん向けの太陽圏と太陽系のお話、どうだったでしょうか?

 

次回の投稿をお楽しみに!

家族と楽しもう「冬の星空」

ご家族やお友達と冬の星々を楽しみましょう!

コロナ過で街に出かける機会も少なくなっています。コロナ過や正月休みと言うこともありますので、折角の機会なので、お家で冬の星空を楽しみましょうと言う提案です。

私の住んでいる街の灯りと夜空の月と星 撮影:著者

お正月休みを利用して、小さな子どもさんがいるのでしたら、将来の夢なんかを聞きながら、是非オリオン座と冬の大三角くらいは、お父さんやお母さん、あるいはおじいちゃんやおばあちゃんが教えてあげて欲しいです。
暖かい服装で外に出て星空を見るのが一番です。
寒がりのみなさんは、車の中から夜空を眺めるのも良いアイディアです。
ご都合で外に出るのが難しい皆さんは、冬の星空は豪華賢覧ですから、家の中の電気を消すと十分に楽しめます。
※必要でしたら次の動画を参考にしてください。

中高生のような大きな子どもさんの場合は、オリオン座と冬の大三角にプラス冬のダイアモンドくらいまで教えてあげられると良いと思います。
併せて、夜空で一番明るい星で冬の夜空の主役シリウスも教えてあげて下さい。
※必要でしたら次の動画を参考にしてください。

 

もっと大きな子どもさんや奥さんやご主人とでしたら、あるいはお友達となら、なぜ人類は宇宙を目指すのかなんて話題も面白いと思います。
※事前に、こちらの動画を見て頂くと話題が広がると思います。

もし、お時間があれば限りなく広がる宇宙の広さになんて語るのも楽しいかもしれませんね(^^♪!
今現在、人類は本当の宇宙の広さを知ることはできません。でも、私たちが知ることのできる宇宙の広さ=観測可能な宇宙だけでも驚くほど広いのです。できれば、次の動画で味わって頂きたいです。

今年も一年間お忙しいとは思いますが、余裕のあるときには身近で楽しめる夕焼けや星空そして月見など、さらに休日などの時にはお花見や紅葉など自然に積極的に接するのも良いかと思います。

南米チリ赴任時に仕事場所から撮った夕焼け 撮影:著者


宇宙や周りの自然を身近に感じ、心豊かな生活を楽しんでください!

私の今年の抱負!

今年は、こんな事してみたい!

私の今年の抱負としましては、
宇宙活動を5本柱で進めたいと思っています。

実現した宇宙から戻ってくる再利用ロケット 写真提供:Sace X

内容的には、今宇宙開発が大変に大きなと言うか歴史的な変革時期となっています。でも多くの皆さんは、そのことを理解されていません。
ですので、その辺を子どもさんにも分かるような、お話で発信し続けていきたいと思います。

ブルーオリジン社の宇宙旅行 写真提供:Blue origin

歴史的な出来事って、その世代を共に生きている人たちには意外と分からない事なんですね。
後になって、大変な出来事だったのですねと気付くことが多いものです。

月面基地や火星基地で使用する宇宙服の開発中 写真提供:NASA

それでは、今年の私の抱負としての5本柱を順を追ってお話します。

①宇宙講演会
今まで私の宇宙講演会の実績は、山梨県内で数百回開催、山梨県外では数十回開催、国外で3回開催しています。

地域の高校での宇宙講演会  講演者:著者

でも、現在コロナ過で中々難しい。でも、直接お話することで伝わることも多いので、頑張ってみたいです。
学校関係がコロナ過で厳しいので、一般の皆さんを対象としての宇宙講演会を中心に進めたいと思います。

SNS発信
多くのSNSを進めていますが、今私が魅力を感じてるSNSはブログと動画とツイッターやホームページ投稿です。もちろん、フェイスブックやインスタグラムなどでも宇宙の魅力を発信していきたいと思っています。

あまり文書を書くのは得意ではありませんでしたが、文書にすると言葉で話すのとは違い、考えが整理されて逆に講演会・テレビ・ラジオに活かされることが多いことに気付き、最近楽しくなってきています。

③テレビ・ラジオ
テレビは10年間、番組制作出演を続けています。

10年前にテレビ番組に出演 写真:著者

ラジオについては初出演以来15年くらい経ちました。

ラジオ番組出演当初の頃 著者:左端

昨年は30番組制作しましたが、今年も可能なら近い数字までトライしてみたいと思っていますが・・・。
番組内容は、先ほども言いましたが、今宇宙開発や天文学などにおいて大変革時期です。ですので、それらの内容を扱いたいと思います。
さらに、今まで数百回の番組制作に取り組んできましたが、宇宙の歴史的なことを扱ったことがありません。

テレビ番組「これからの宇宙開発を支える宇宙ベンチャー」 制作:著者
テレビ番組「土星」 制作:著者
夢のような宇宙プロジェクト 制作:著者

ですので、今年は宇宙の歴史的な内容についても取り組んでいきたいと昨年末にテレビ局の方にはお伝えしました。

④環境活動
宇宙のお話を小学校や中学校で行うと、必ず先生方が生徒が書いた感想文を送って下さいます。

小学生への宇宙の話し 講演者:著者

読ませて頂くと、多くの子どもさんが「地球の事が好きになった。」とか「環境活動の大切さを感じた。」など、特別に環境の話しをしない時にでも書いてくれます。
それから、昨年12月に宇宙に行った前澤友作さんが、宇宙から帰還後に露でのインタビューで「地球を大事にしようと思いました。」と「沢山の人達に宇宙に行って欲しい。特に国を動かすような偉い人達には行って欲しい。」と話していました。

地球大気の時に使う映像 写真提供:NASA


そうなんです、前澤友作さんが言われた話は、多くの宇宙飛行士の皆さんも、それに近いことを話されています。
宇宙は究極の環境教育だと言われており、私達の様な宇宙講演者が山梨エコティーチャーに指名された由縁でもあります。

⑤星空写真
これは他の活動に加わってもよいと思います。例えば月や星の写真はSNS投稿でも多く使いますし、動画はユーチューブなどの動画を扱うSNS投稿に使ったり。

自宅の庭から撮影した月と木星土星 撮影:著者

また、私の星空などの写真や動画もテレビ番組で多用しています。
私は軽スポーツ(ウォーキング・軽いジョギング・縄跳び・野球バットのスイングなど)と併せて星空の美しい地元山梨で月写真などを撮っていると心身のリフレッシュになり、それが良い宇宙活動につながると考えています。

こんな感じで、早速以上の5本柱で進めていきます。当然ですが、進めているうちに、新しい活動も思いつくと思います。
それらは順次取り入れていきたいと考えています。

テレビ番組出演中の著者

それから最後にブログにおいても、小学生からシニアの皆さんまで誰もが理解できる宇宙の話しを目指して、専門用語は少なく分かりやすい解説を発信していきたいと思っています。

次回の投稿もお楽しみに!

子どもに教える「冬の星空の主役シリウス」

冬の星空の主役シリウス、しかも全天で最も明るい恒星

今、豪華絢爛な冬の星座が夜空に輝いている。オリオン座の左下に、凄くきれいで青白く輝くシリウスが見えました。思わず、カメラをシリウスに向け撮影した。

オリオン座と左下の明るい星シリウス 撮影:著者


撮って欲しいと言わんばかりに美しく輝いていた。
シリウスを撮影していた時に気が付いたのは、「シリウスの下に何か青い小さな星が見える。」と思った。何度も確認したが、確かに青白い小さな星だった。

シリウスの下に青白い小さな星を発見した 作成:著者


もしかしたら、シリウスBかもしれないと思いシャッターを切り続けた。

シリウスの下の青白い小さな星 撮影:著者


難しいかもしれないが動画での撮影にもチャレンジしてみた。
動画の撮影にも成功したので編集して動画作成した。



シリウスの下の小さな星、150年ほど前だったら世界の大ニュースとなった?

もし私の高祖父母の時代なら世紀の大発見となっただろう。

なぜかと言うと、19世紀にシリウスは蛇行していることが発見された。その原因は(その当時の望遠鏡では)見えない星があり影響し合っての事と言う仮説が出たが、当時としては見えない星など考えられない話であった。
夜空で見える星がシリウスAで影響している伴星がシリウスBと言う仮説。

その後、アメリカの天文台シリウスBが発見された。

西はりま天文台の資料によると・・・・・・・・

シリウスには、その周りを公転する伴星が存在します。2つ以上の恒星がお互いのまわりを公転している天体を連星と呼びます。

明るい方が主星のシリウスAで、伴星の方はシリウスBと呼びます。普段夜空で輝いて見えるシリウスは、主星のシリウスAになります。

シリウスBの明るさはシリウスAの10000分の1と大変暗いため、シリウスBは望遠鏡を使わないと見ることはできません。さらに工夫が必要です。

まず、地球の空気の運動が静かなとき(星のまたたきが小さいとき)に観望します。空気の運動が激しいと、主星のシリウスAの光がぼやけて広がり、シリウスBを覆い隠してしまいます。さらに、シリウスBがシリウスAから離れたタイミングで観望することも重要です。

シリウスBは、シリウスAのまわりをどのように公転するか過去の観測から明らかになっています。下の図を見ると、現在シリウスBはシリウスAから離れており、2020年から2025年にかけて最も離れます。一方、2040年代の中ごろには2つの星は近づいてしまうので、シリウスAとシリウスBを分けて見ることが難しくなります。

したがって、2020年~2025年の間である、今こそシリウスBを観望できる好機となります。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

と言うことで、シリウスAやシリウスBを観測したり撮影するのには今が一番いい時期なんです。

でも、今回私が撮影したシリウスの下の青白い小さな星はシリウスBではないかもしれません。
下の写真の通り超大型の「なゆた望遠鏡」で、このくらいにしか撮れないからです。私の撮った写真の方がはるかにハッキリ撮れている。

シリウスBの地球から見た公転軌道 資料提供:西はりま天文台
なゆた望遠鏡がとらえたシリウスB 写真提供:西はりま天文台

西はりま天文台の資料によると・・・・・・・・・・・・

現在、伴星のシリウスBは主星のシリウスAから離れた位置にいるので、シリウスBを観望できる好機となっています。

兵庫県立大学西はりま天文台では、なゆた望遠鏡によりシリウスBの姿を写真と動画で撮影することに成功しました。

シリウスBは、表面の温度が10000度を超える高温の星にもかかわらず暗いため、大きさは地球の2倍くらいしかないと考えられます。シリウスBの質量は太陽とほぼ同じなので、高密度な天体であると分かりました。シリウスBは、白色矮星と考えられています。白色矮星は、太陽質量の8倍未満の恒星が最後を迎えた天体になります。

シリウスBはかつて、シリウスAより重く明るい恒星であったため、シリウスAより早く進化してしまい現在の姿になったと考えられています(質量が大きな恒星ほどより短命)。

シリウスが夜きれいに見えるこの時期に、ぜひシリウスBの観望に挑戦してみましょう!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

では今回撮影したシリウスの下の青白い小さな星がシリウスBでないとしたら、何なんでしょうか?
単に、シリウスAの周りにあると言われている星の一つなのでしょうか。でも、私はシリウスBであると信じています。

今から2千年前、シリウスは赤く輝いていたそうです。現在の天文学者は、今のように青白いシリウスではなく、なぜ赤く輝いていたのかと言う謎を解明しようとしています。その仮説として、シリウスCがあるとして、シリウスCの発見を目指しています。
仮説とは、シリウスCはシリウスAとシリウスBを取り囲む大きな軌道にあり、2千年前にシリウスAに近づきシリウスCのガスなどを引き寄せ一時期赤く輝いたという説です。

今回、私が撮影したシリウスの下の青白い小さな星はシリウスCかもしれません。そしたら大変な発見となります。
でも、予想されているシリウスCの軌道は、こんなにシリウスAには近くないようです。もしシリウスAに近づいたなら赤く輝くはず。

今のシリウスは50年に一度の観測しやすい良い時期のようです。

是非皆さんも、夜空のシリウスやオリオンなどを見つめながら限りなく広がる宇宙の世界に浸ってみようではありませんか!

南の島で見上げる冬の星 写真提供:NAOJ石垣島天文台

誇れ日本の技術力「宇宙船こうのとり」

世界の宇宙ステーション補給機

国際宇宙ステーション(ISS)に荷物を運ぶ宇宙船を持っているのは、米・露と日本の3か国です。

しかも、日本の宇宙船「こうのとり」は今までにない国際宇宙ステーションとのドッキング方式を考えました。
それがランデブーキャプチャー方式です。
どんな方式かと言いますと、ISSに宇宙船が近づき接近し並走するのです。ロボットアームが届くところまで近づきロボットアームで捕まえると言うスタイル。

その後に開発された荷物を運ぶ宇宙船は全て、このランデブーキャプチャー方式となりました。スペースⅩ社のドラゴンとオービタル・サイエンシズ社のシグナスもランデブーキャプチャー方式です。
つまり、世界のスタンダードとなったのです。

ではそれぞれの荷物を運ぶ宇宙船である宇宙ステーション補給機を紹介します。
米は民間でスペースⅩ社のドラゴン

米スペースⅩ社ドラゴン補給機 写真提供:NASA


ノースロップ・グラマンイノベーション・システムズ社のシグナス。

米オービタル・サイエンシズ社シグナス補給機 写真提供:NASA


露はロスコスモスプログレス。

プログレス補給機 写真提供:NASA


そして、日本の「こうのとり」、計4機です。

日本こうのとり補給機8号機 写真提供:JAXA/NASA


それぞれの補給機が運んでいく荷物の量は、ドラゴン・シグナス・プログレスは2~3トン、「こうのとり」は6トン。ですので、2トン運ぶ補給機の3倍ですから、「こうのとり」は9回の飛行でしたが、2トン補給機でしたら27回分を運んだことになります。
また、大型の試験装置などは「こうのとり」以外は運べない。以前は大型装置などはスペースシャトルが運べた、しかしスペースシャトル退役後は「こうのとり」以外運べなくなった。

日本こうのとり補給機3号機 写真提供:JAXA

私も現役時代、日本の補給機「こうのとり」にエンジニアとして初号機から3号機まで携わりました。ですので、今回の9号機で終わりと聞いて寂しい思いをしているところです。

でも、打ち上げ関係には携わっていません。特に2号機と3号機の打ち上げ時はアルマ電波望遠鏡建設で南米チリに赴任のための準備中だったり、3号機の打上げ成功の時には南米のアタカマ高地で、バンザーイをしていました。


こうのとり」9号機、有終の美を飾る

昨年8月、日本の補給機「こうのとり」9号機は5月からの約3か月間のISS滞在を終え離脱、大気圏突入し南太平洋上空で燃え尽きた。

こうのとり」は初号機が2009年9月、

日本こうのとり補給機初号機 写真提供:JAXA


2号機が2011年1月、3号機が2012年7月、4号機が2013年8月、5号機が2015年8月、6号機が2016年12月、7号機が2018年9月、8号機が2019年9月、そして9号機が2020年5月に打ち上げられた。
そして2020年の8月に地球の大気圏で燃え尽き、補給機「こうのとり」として最後の任務を終えた。

日本こうのとり補給機9号機 写真提供:JAXA


特に数年前は、米露の補給機が失敗を重ねる中、交換しなければならない部品類や実験関係の荷物や宇宙飛行士の食料が不足し困っているなかを、確実に予定通り荷物を届けた「こうのとり」は世界中から信頼を得ました。

たくさんの生鮮食品に驚く宇宙飛行士 写真提供:JAXA/NASA


更に、「こうのとり」は新鮮な生鮮食品を宇宙飛行士に数年運び続け、世界各国の宇宙飛行士から喜ばれている。
これは、「こうのとり」のみが実施した宅急便のようなシステム、1週間ほどま前まで小荷物を受け付けて急に発生した研究に必要なものを運んだりするため、それに合わせて野菜や果物なども送ったわけです。
ISSでの生活は、装置類などが多く無機質な感じのする白・黒・青などが多い。そんな中、野菜や果物などの色彩豊かなものは、世界各国の宇宙飛行士にとって味もさることながら、そのカラーを見たり地上の香りにふれるだけでも有難い贈り物となるわけです。

最後の「こうのとり」で届けられた生鮮食品たち! ~宇宙へ届け!地上の香り!~    JAXAチャンネル

世界の宇宙ステーション補給機の中で失敗をせず、11年間100%予定通り荷物を届けたのは、日本の「こうのとり」だけです。

こう言った信頼からか「こうのとり」に使用している、日本製の部品や装置類の評価も高くなり、例えば「こうのとり」で使用している通信機器・軌道変更用エンジン・バッテリーが他の国の補給機にも使用されるようになりました。
日本国内の宇宙産業の発展にも貢献することとなった「こうのとり」補給機は11年間100%成功でした。

そればかりではありません。スタートしたスペースⅩ社のクルードラゴン運用において初号機に野口聡一飛行士が、さらに2号機に星出彰彦飛行士の搭乗ができたのも、補給機「こうのとり」やISS内の日本の実験棟「きぼう」の綺麗で静かでしかも性能が良いと言う日本の技術力への強い信頼が影響していることは確かであると思います。勿論、日本人宇宙飛行士の能力も含めてのことです。

日本こうのとり補給機8号機の荷物を見て喜ぶ飛行士 写真提供:JAXA

昨年8月に燃え尽きたこうのとり9号機は有終の美を飾り、ポスト「こうのとり」補給機である新型宇宙ステーション補給機HTV-Ⅹに引き継いでいます。

それと同時に、今まで「こうのとり」初号機から9号機までを種子島から打ち上げ、予定軌道に投入してくれたH-ⅡBロケットも、「こうのとり」と一緒に退役しました。
ロケット・宇宙船ともに日本のために世界のために11年間頑張ってくれました、有難うございます。

H-ⅡBロケット9号機 写真提供:JAXA


こうのとり」8号・9号では、後継機である新型宇宙ステーション補給機HTV-Ⅹの機能確認も実施しました。
現在、開発中の新型宇宙ステーション補給機HTV-Ⅹは、新型のH3ロケットを使用です。

日本H3ロケット 写真提供:JAXA

新型宇宙ステーション補給機HTV-ⅩはISSへの荷物輸送のみならず、月を周回する宇宙ステーションゲートウェイ建設での荷物や、さらに月面基地建設のための荷物輸送にも使われることを想定して開発中です。

新型宇宙ステーション補給機HTV-Ⅹ 写真提供:JAXA


最後にHTV-Ⅹは月周回宇宙ステーションゲートウェイを目指し、今までよりコストを削減し、輸送能力を向上させるように進めています。
世界から期待されている新型宇宙ステーション補給機HTV-Ⅹ、楽しみですね(*^-^*)!

月周回宇宙ステーションゲートウェイ 写真提供:NASA



それでは、次回の投稿もご期待下さい!

魅力的な南半球のほしぞら!知れば知るほどワクワクする世界

南半球旅行の事前準備、または生活に潤いを与えてくれる知識として

画像を拡大表示
アルマ電波望遠鏡と天の川 写真提供:ESO


南半球では北半球の日本の皆さんが見ることのできない、珍しい天体をたくさん見ることができます。
私も数年前に南米チリに2年ほど赴任して日本では中々見ることのできない星空を楽しんできましたのでご紹介致します。

画像を拡大表示
黄色い部分の南半球 ©Wikipedia


これから南半球に行く予定のある方は素敵な旅行にするための事前の準備として、行く予定のない方は生活に潤いを与えてくれる知識として、それぞれこの投稿を楽しんで頂ければと思います(*^-^*)!


南天に広がる魅惑の星空

画像を拡大表示
アルマ電波望遠鏡の向こう側に天の川、大アンテナ右上が南十字星 写真提供:ESO


まずは南半球で一番人気があり、日本人にも大変に好かれているのが、ご存じ南十字星です、英語名はサザンクロス。
その左と言うか東から南十字星を指し示すポインター的なケンタウルス座のα星リギル・ケンタウルスとβ星のハダルは、どちらも一等星。
南十字星の2個の一等星と合わせると、4個の一等星がこんなに近くにあるのも珍しいことです。

画像を拡大表示
著者の講演会資料より


南十字星の左腕星べクルックスのすぐ横には、その美しさから「星の宝石箱」と呼ばれている南十字座カッパー星団。ルビーのように赤く輝く赤色超巨星のまわりに青色超巨星が見えます。
可能なら双眼鏡で見ることをおすすめします。

画像を拡大表示
著者の講演会資料より


星の宝石箱と言われている、南十字座カッパー星団を拡大すると、次の写真のようになります。

画像を拡大表示
(カッパー星団 ©eso)


続いて、その下側には全天で最も目立つ暗黒星雲のコールサックがあり、通称「石炭袋」と呼ばれています。暗黒星雲とは、宇宙のチリやガスが集まり後ろの星々を隠しているので地上から見ると黒く見える所。

画像を拡大表示
著者の講演会資料より




南十字星を挟んでケンタウルスα星とほぼ同じ距離の右側には、近い将来に大爆発を起こしてブラックホールになるだろうと言われているイータカリーナ星雲。

画像を拡大表示
著者の講演会資料より


コールサック(石炭袋)とイータカリーナ星雲を拡大すると、次の写真のようになります。

画像を拡大表示
著者の講演会資料より


それから、南十字星の近くには十字星が多く、南半球にくる観光客を悩ましているダイヤモンドクロスやニセ十字があります。

画像を拡大表示
著者の講演会資料より


最後に紹介するのは、日本人には南十字星の次に人気のある大小のマゼラン雲です。約20万光年先の天体が二つ並んで肉眼でハッキリ見えるのですから、北半球の皆さんには魅力的な天体であることは間違いありませんね。
次の写真は、アルマ電波望遠鏡の上にある雲のような大小マゼラン雲です。

画像を拡大表示
正面のパラボラアンテナ左上が大マゼラン、その右上が小マゼラン 写真提供:ESO


どうですか、南天に広がる魅惑の星空を楽しんで頂けたでしょうか?


それでは、次回の投稿もご期待下さい!

今年1年の宇宙活動を振り返って!

今年1年の宇宙活動を振り返って!一番目はテレビなどで30本の宇宙番組を制作出来た事、特に「人類の宇宙進出」「土星」「夢のような宇宙プロジェクト」は自信作。

f:id:enjoy-uchu:20211231095906j:plain

私のテレビ番組「土星」ポスター 作成:著者

 

「ロケット」と言う番組も人気がありました。

 

f:id:enjoy-uchu:20211231100203j:plain

私のテレビ番組「ロケット」のポスター 作成:著者

 

これらの番組は他の県での放送希望(^^♪!

 

講演会や宇宙の学校も徐々に再開、更にコロナ禍でのSNS発信も楽しめました(*^-^*)。

f:id:enjoy-uchu:20211231100524j:plain

今年念願のホームページも作成できました!

 

来年も宜しくお願いします!

 

f:id:enjoy-uchu:20211231101317j:plain

alone